fc2ブログ

はじめまして、ruina 2

金曜の ruina で僕らを目撃してくれた方、ありがとうございました。
新しく模様替されたお店は、パッと見、以前とあまり変わらないようでも、
よくみるとあちこちに新しいオーナーである健ちゃんの
意思というか気持がちりばめられています。
とくに楽屋には脱帽しました。楽屋にお客さんを呼んでうたいたいくらいです。

そして以前 bobtail という名前だった頃にあった、
ここにしかない、何か特別な素敵な空気は今もちゃんとそこに在り続けています。
名前とオーナーが代わっても、この小宇宙は生きつづけていて、
そのことが理屈抜きで何よりも嬉しいです。

“Nilla & midoriyama”の演奏スタイルは、まさにこの場所で生まれました。
これからも、この場所がある限り、
midoriyama さんと僕はいつでもここで演奏したいと思います。
ありがとう、bobtail と ruina。


スポンサーサイト



19:57 | ニッキ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

初めまして、ruina



明日、初めての ruina で、
2009年初めての2人ライブ、Nilla & midoriyama をやります。
「新しい年になったね」とか「最近どうよ」とか
「それがさー」とか「エェー!マジ?」とかを
音楽を通して midoriyama さんと話そうかと思います。


2009 . 1 . 23(金)
会場:ruina(井の頭線・池ノ上)
時間と料金:19:00 open / 19:45 start / 2,000円(+ order)
出演:坪井寛 / 古賀夕紀子 / Nilla & midoriyama
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1F / Phone:近々設置予定とのこと

古賀夕紀子女史に会えるのも楽しみ。来てねい。



08:22 | ニッキ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

虚無と削岩機


「風景をうたにする人、
あるいは「虚無」をうたう人って、実はあまりいない気がします。
Nillaクンは、「虚無」をうたうことのできる数少ないうちのひとりだと思います。」


僕のステージのあと、
かずらさんのステージで、冒頭に彼が話してくれたコトバ。

きょむ。

まいった。

おそらくそうなんだろう。

でも、それを虚無だとはっきり意識したことは今までなかった。
というか「虚無」という概念じたいがなかった。
いや、どこかで感じていたのかも知れないが、気づかなかった。

今まで「不毛」や「果て」のような感覚はあっても、「虚無」はなかった。
ビックリして、辞書で調べてしまった(汗)。


虚無:

1 何物もなく、むなしいこと。空虚。

2 この世に存在するすべてのものに価値や意味を認めないこと。「―感」

3 虚心であること。「―自在の心」

4 無限の宇宙。大空。虚空(こくう)。

5 古代中国の老子の哲学で、万物の根源・本体は、はかりがたく無であるということ。



まいった。

たぶんそうなんだろうな。

そもそも小学生くらいのころ、
目をつぶると世界はたぶん無くなるな、とか思ってたし(笑)。

だけど今はわからない。
そもそも自分という存在があるのに、虚無なんてあり得るのだろうか。
何も無いって言ったって、そこに自分が「在る」んじゃないのか?
あ、そうか自分が「在る」から虚無なのか。
自分が無ければ、虚無じたいも無いのかな?

うーん、哲学書とか絶対読まないぞ(笑)。

でもひとつだけハッキリしていることは、
自分のカケラを集めてつくったうたの結果が虚無だったとしたら、
それは良くも悪くも、まぎれもなく本当の自分のことなんだ、ということ。

うへー。

かずらさん、ありがとうございます愛しています。
僕はMなので(爆)、自分の中心を突かれるようなコトバが大好きです。

かずらさんは、優しい削岩機みたいなステージでした。
やさしくて暖かくてやわらかいのに、
それなのに岩をどんどん削りながら進むドリルみたいな。。。
そのドリルの行き着く先を見てみたい気がします。
カッコ良かったなあ。

またよろしくです。



08:49 | ニッキ | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

かずらさんと横浜と境界無しと

木曜のスタックスに来てくれた方、ありがとうございました。

1年のはじめだからというわけでもないけれど、
人前でうたいはじめてから最初につくった曲を最初に、
いちばん新しくつくった曲を最後にやってみました。

すると、その2曲の雰囲気が似ていることに気がついたり。
なんで?知らず知らずに初心に戻っていたのかオレ?とか思ったりしましたが、
まあ単に曲作りの引き出しが少ないだけのことなのかもしれないですが(汗)。
でもなんだか不思議でした。。



さて、そんな余韻に浸ってる暇なく、明日、ライブ2発目いきます。


2009 . 1 . 18(日)
会場:NO BORDER(東急東横線・反町)
時間と料金:19:00 open / 20:00 start / 500円(+ order)
出演:Nilla / かずら元年
神奈川県横浜市神奈川区松本町 4-28-2 / Phone : 045-314-8985


今回のお店は、全く初めての場所でガクブル、もといワクワクです。
ご一緒する出演者の、かずら元年さんのお誘いで出ることになりました。

かずらさんは、30数年のブランクを経て、3年前に再びうたいはじめたという人です。
そこだけとると、なんだかまるでヴァシュティみたいだけど、
聴こえてくるのは、とても深く暖かいロック。
良い意味でぜんぜん枯れていなくて素敵です。
こういう人に出会えるから、音楽って素敵だなって素直に思えるような人です。
彼の音楽も好きだけど、ぼくは彼の書く文がとても好きです。

いやあ、緊張&楽しみ。。。
出演は彼と僕だけ。よーっし、久しぶりにガッツリいきますかね大将(?)。




02:20 | ニッキ | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

ことよろで

もうすっかり1月も半ばになってしまって挨拶が遅れてしまいましたが、
今年もしっかりこっそりうたっていこうと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

去年、祖母が亡くなって、喪中だったために
年末年始の挨拶もなく、初詣も行かずにひっそりと過ごしていました。
大晦日から元旦にかけて神社で行われる
焚き火(名前とかあるんだろうけどわからず)くらいは見たかったのだけど。。。
なんだかお正月のあいだは、この人のうたばかり聴いていたような気がします。

それにしても、このウィキの内容はすごい。
ウィキを読んで泣いたのなんて初めてだ。
切なすぎる。エリノラさん。。。



さて、気を取り直して(汗)今年一発めのライブ。
明日、スタックスでやります。


2009 . 1 .15(木)
会場:STAXFRED(丸ノ内線・新高円寺)
時間と料金:18:30 open / 19:00 start / 2,000円(+1drink order)
出演:高田孝一 / Nilla / 阪本正義 & まじ / 梅原典之
東京都杉並区梅里1-7-1 丸山ハウス B1F phone : 090-9316-8195


うたえるうちは、うたうしかないよね・・・エリノラさん。




14:44 | ニッキ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑